社会貢献活動

創業者ヘルマン・マーレとエルンスト・マーレの兄弟は、早くから長期的視点に立った企業経営と社会貢献活動との結び付きを重視していました。グループの配当金は、マーレ財団を通じてさまざまな社会事業を支援するために使われています。もちろん、マーレ自身も数多くの社会活動に精力的に取り組んでいます。会社として、地域における慈善事業、募金活動、チャリティ活動などをリードする一方、従業員もそうした活動にボランティアとして参加しています。「善意ある隣人」として地域社会の利益のために責任を果たすことは、マーレの社内風土にしっかりと根を下ろしています。