技術革新 - 成功の原動力

Dr. エルンスト・マーレ

サクセス・ストーリーの幕開けは1920年のことでした。当時、自動車の内燃機関には重いねずみ鋳鉄ピストンが使用されていましたが、マーレ兄弟(エルンスト・マーレとヘルマン・マーレ)は、自ら立ち上げた小さな会社で軽合金ピストンの開発を始めたのです。乗り越えなければならない技術的ハードルは高く、悪戦苦闘の連続でした。また、エンジンを汚れやほこりから守るためにエアクリーナとオイルフィルタの開発を続け、ついに成功させました。彼らの不屈の努力はむくわれ、軽合金製ピストンの時代が始まりました。

現在世界で生産されている自動車の2台に1台がマーレの製品を搭載しています。小さな試作工場からスタートしたマーレは、世界をリードする高い技術力を持ったグローバル企業に成長したのです。