1920—1932年: フェアズーフスバウ・ヘルムート・ヒルト工場時代からElektronmetall GmbH、Stuttgart-Cannstatt(EC)の設立まで

1920年「フェアズーフスバウ・ヘルムート・ヒルト」工場にヘルマン・マーレが入社。
1921年欧州で初の軽合金ピストンの量産化。
1922年エルンスト・マーレ(ヘルマン・マーレの弟)が入社。
1924年・社名をElektronmetall GmbHからStuttgart-Cannstatt (EC)に変更。
・モータースポーツ向けの新しい軽合金ピストンを開発。
1926年ヘルマン・マーレが取締役(営業・販売担当)に就任。
1927年エルンスト・マーレが取締役(技術担当)に就任。
1929年エアフィルタ、オイルフィルタ、燃料フィルタの量産開始。
1930年窒化鋼製シリンダライナを初めて開発。
1931年リングキャリアピストンの特許を取得。