Future meets the past—the MAHLE story from the beginning

Dr. エルンスト・マーレ

The idea on which MAHLE was founded was new and different, and it went one step further.

サクセス・ストーリーの幕開けは1920年のことでした。当時、自動車の内燃機関には重いねずみ鋳鉄ピストンが使用されていましたが、マーレ兄弟(エルンスト・マーレとヘルマン・マーレ)は、自ら立ち上げた小さな会社で軽合金ピストンの開発を始めたのです。乗り越えなければならない技術的ハードルは高く、悪戦苦闘の連続でした。また、エンジンを汚れやほこりから守るためにエアクリーナとオイルフィルタの開発を続け、ついに成功させました。彼らの不屈の努力はむくわれ、軽合金製ピストンの時代が始まりました。

現在世界で生産されている自動車の2台に1台がマーレの製品を搭載しています。小さな試作工場からスタートしたマーレは、世界をリードする高い技術力を持ったグローバル企業に成長したのです。

History1920—1932

alt

Renewal. Development. Breakthrough

From a small test workshop to a leader in technology and an industrial enterprise: the central issue at the time is whether the light-alloy piston favored by Ernst Mahle can replace the gray cast iron piston. New alloys and the invention of the ring carrier piston by Ernst Mahle finally provide the breakthrough.
1920年 「フェアズーフスバウ・ヘルムート・ヒルト」工場にヘルマン・マーレが入社。
1921年 欧州で初の軽合金ピストンの量産化。
1922年 エルンスト・マーレ(ヘルマン・マーレの弟)が入社。
1924年 ・社名をElektronmetall GmbHからStuttgart-Cannstatt (EC)に変更。
・モータースポーツ向けの新しい軽合金ピストンを開発。
1926年 ヘルマン・マーレが取締役(営業・販売担当)に就任。
1927年 エルンスト・マーレが取締役(技術担当)に就任。
1929年 エアフィルタ、オイルフィルタ、燃料フィルタの量産開始。
1930年 窒化鋼製シリンダライナを初めて開発。
1931年 リングキャリアピストンの特許を取得。

History1933—1945

alt

War. Armament. Destruction

The darkest chapter in German history—national socialism and World War II—also leaves a deep mark on the development of EC as a company: with aircraft, cars, and commercial vehicles being built primarily for military purposes, EC—known as MAHLE KG from 1938—becomes a supplier to the armament industry because of its product range.
1933年 エルンスト・マーレとヘルマン・マーレが単独オーナーとなる。
1934年 エアフィルタ用の高密度メッシュメタル「ターボメタル」の特許を取得。
1935年 「マーレ年金基金」を設立。
ピストンとシリンダの熱膨張を補正するプロファイル加工を採用したピストンを初めて開発。
1937年 ・MAHLE Siedlung GmbHを設立。
・オイルバスエアフィルタの量産開始。
1938年 ・社名をMAHLE KGに変更、ロゴを導入。
・遠心鋳造によるシリンダブランクの初発量産。

History1946—1970

alt

Reconstruction

Sixty percent of the corporate substance and assets of MAHLE KG were lost in World War II. Following the first hard years after the war, the company has to survive by manufacturing other products, but then rapidly benefits from the general economic boom.
1948年 最初のAUTOTHERMIK®ピストンを開発。
1951年 ・CROMAL®アルミライナの初量産。
・レース用部品の開発。及び供給。
1952年 ・チルド鋳鉄製バルブタペットの量産開始。
・騒音抑制機能付きフィルタシステムを開発。
・メンテナンスが容易な交換用スピンオンフィルターを開発。
1955年 ・AUTOTHERMATIK®ピストンの量産。
・紙製フィルタエレメントを採用(ヨーロッパ初)。
1957年 チルド鋳鉄製カムシャフトブランクの量産開始。
1959年 フランスでピストン・ド・コルマー社を設立(現MAHLE Pistons France社)。
1964年 マーレ財団とMABEG(グループの持株会社)を設立
1965年 ・遠心鋳造法による組面鋳造シリンダライナの量産。
・ナトリウム充填中空バルブの初量産。
・最初の中空鋳造カムシャフトの生産。
1967年 エンジン部品にNIKASIL®を採用。
1968年 ・ドイツのSüddeutsche Kolbenbolzenfabrik社を買収(現MAHLE Motorkomponenten 社)。
・日本の泉自動車工業株式会社と技術提携(2003年にグループ傘下に)。
1969年 オーストリアのKönig社に資本参加(現MAHLE König社)

History1971—1990

alt

Globalization

The seventies and eighties are a time of international growth at MAHLE. The company also reactivates its Filter unit. In the nineties, MAHLE confronts the globalization and concentration in the automotive industry by taking the great step from components manufacturer to development partner and supplier of systems and modules.
1971年 事業を統合し、MAHLE GmbHに社名変更。
1972年 ドイツとオーストリアのKnecht Filterwerke社に資本参加。
1973年 スペインのFISA Fundiciones Industriales社を買収(現MAHLE S.A.)。
1974年 集塵フィルタに星型フィルタエレメントを採用。
1976年 ・量産可能な低圧鋳造アルミエンジンブロック。
・トラック用ディーゼルエンジン向けに球状黒鉛鋳鉄製ピストンの初量産。
1978年 ・MAHLE Engine Components USA社の設立。
・軽造ピストンピンを開発。
1979年 ブラジルのCIMA社を買収(現MAHLE Indústria e Comércio社)。
1980年 ピストンピンブランクの冷間押し出し加工法を開発。
1981年 ブラジルにMetalúrgica Mogi Guaçu社設立(現MAHLE Metal Leve社)。
1983年 プラグラム可能なCNC倣い旋盤をピストン加工工程に導入。
1984年 自動車業界初バルブタペットに溶接技術を採用。
1985年 ・HYDROTHERMIK®ピストンとHYDROTHERMATIK®ピストンの量産。
・環境にやさしいフィルタエレメントを導入。
・組立カムシャフトの量産。
1986年 フランスでTécafiltres社とSoparis社を買収(現MAHLE Filtersysteme France社)。
1987年 ・イタリアのMondial Piston社を買収(現MAHLE Componenti Motori Italia社)。
・商用車ディーゼルエンジン用FERROTHERM® ぴスロンを導入。
1988年 大型ディーゼルエンジン用ボア冷却式複合ピストンを開発。
1989年 高負荷ディーゼルエンジン用セラミック繊維強化LIQUOSTATIK®アルミピストンの量産。

History1991—1999

alt

Systems partner. Technology leader.

At the beginning of the 1990s, the situation in the automotive industry comes to a head: international competition is becoming tougher, price pressure is rising. Requirements relating to quality and supply availability are increasing. Design and development tasks traditionally entrusted to the vehicle industry are being assigned more and more to the suppliers.
1991年 MAHLE GmbHとドイツのJ.Wizemann GmbH & Co.の鉄鋼関連事業を統合し、MAHLE Wizemann Groupが発足。
1992年 GRAFAL® スカートコーティングを採用したピストンの量産。
1993年 ・Knecht Filterwerke社の残存株式を取得(現MAHLE Filtersysteme社)。
・フィルタインサートと樹脂ハウジングを採用したオイルフィルタモジュールの導入。
1994年 ・メキシコにピストン工場を設立(現MAHLE Componentes de Motor de México社)。
・MAHLE WizemannグループをPleuco社に統合(現MAHLE Ventiltrieb社)。
・MICRO-STAR®を採用したキャビンエアフィルタを開発。
1995年 ・ピストン合金M 142とM 145を採用したピストンを量産。
・ファンネル型冷却チャンネル付きピストンの量産。
1996年 ・ブラジルのMetal Leve社過半数株式を取得(現MAHLE Metal Leve社)
・インドに合弁企業MWP Migma社を設立(現MAHLE Engine Components India社)。
・ロボット支援中圧ダイカスト鋳造法(RMD)を導入。
・環境にやさしいオイルフィルタエレメントがドイツ産業連盟(BDI)の最優秀賞を受賞。
1997年 ・Cofap社からブラジルとポルトガルのピストンリング事業を買収(現MAHLE Metal Leve社及びMAHLE Componentes de Motores社)。
・インドに合弁企業Kirloskar Knecht Filters Private社を設立(現MAHLE Filter Systems (India)社)。
・メキシコに合弁企業Knecht Duroplast Sistemas de Filtración社を設立(現MAHLE Sistemas de Filtración de México社)。
・エアインテークモジュールの量産。
1998年 ・ポーランドにMAHLE Spolka社を設立(現MAHLE Polska Spolka社)。
・ピストン合金M 174を採用したアルミニウム製高性能ディーゼルピストンを量産。
1999年 ・過半数出資する子会社全社の社名に「MAHLE」を導入。
・MAHLE Filtersysteme社(旧Knecht Filterwerke社)とMAHLE Ventiltrieb社(旧MAHLE J.Wizemann-Pleuco社)の設立。
・中国に合弁企業MAHLE Izumi (Liaoning) Pistonを設立(現MAHLE Engine Components (Yingkou)社)。
・中国・南京にピストン工場を設立(現MAHLE Engine Components (Nanjing)社)。
・ポーランドのWSM Krotoszyn社に過半数出資(現MAHLE Polska Spolka社の傘下)。
・韓国に合弁企業Donghyun MAHLE Filter Systems社を設立(現MAHLE Donghyun Filter Systems社)。
・FERROPRINT®スカートコーティングを採用した乗用車向けピストンを量産。

History2000—2009

alt

Expansion. Rapid growth.

MAHLE grows into a leading global development partner in the automotive and engine industry—despite the global economic crisis that destabilized markets in 2008. In 1999, the group employs about 25,000 people. Over half of the sales are generated outside of Europe.
2000年 ・商用車向けMONOTHERM®スチールピストンの量産。
・乗用車ディーゼルエンジン向けの中空耐摩環(CRC)付きピストンを量産。
2001年 ・ドイツのBrockhaus Soehne社を買収(現MAHLE Motorkomponenten社)。
・日本の株式会社テネックスの株式を取得(現株式会社マーレフィルターシステムズ)。
・FERROCOMP®大径ピストンの量産。
・ガソリンエンジン用に可変長インテークモジュールを開発。
2002年 ・乗用車ディーゼルエンジン向けに初となるプラスチック製オイルフィルタを開発。
・乗用車ディーゼルエンジン向けECOFORM®ピストンの導入。
・樹脂ヘッドカバーの量産(株式会社マーレフィルターシステムズの技術をグループ内に展開)。
2003年 ・カムシャフト生産のため、ドイツにZNF Maschinenfabrik Spandau社を設立。BMWとの合弁事業で、マーレが過半数出資(現MAHLE Ventiltrieb Brandenburg社)。
・初の完全エンジン(フォーミュラSAE向け3気筒レーシングエンジン)。
2004年 ・サウンドジェネレーター(サウンドクリエータ)を開発。
・ドイツ・ザクセン州のSchmiedewerk Roßwein社を買収(現MAHLE Motorkomponenten社)。
・Shanghai Filter Factoryのフィルタ事業を買収(現MAHLE Shanghai Filter Systems社の傘下)。
2005年 ・イギリスのCosworth Technology社を買収(現MAHLE Powertrain社)。
・樹脂ハウジングのオイルフィルタモジュールが完成。
・ルーマニア・ティミショアラにフィルタ工場(MAHLE Componente de Motor社)を設立。
・3段階レゾナンスインテークシステムの量産。
・インドのAnand Automotive SystemsグループからPurolator India社の株式を取得(現MAHLE Filter Systems (India)社)。
・ドイツのBrockhaus Soehneを完全子会社化(現MAHLE Motorkomponenten社)。
・米国・デトロイトのテクニカルセンターを拡張。
2006年 ・Behrグループから米国のカーボンキャニスタ事業を買収。
・CamInCam®(可変カムシャフト)の量産。
・ドイツのNorddeutsche Filter Vertriebs社とAKO Filter社を買収(現MAHLE Industriefiltration社)。
・電動式コーンスタックセパレータを開発(世界初)。
・ポーランド・クロトシンい「アフターマーケット事業」用物流センターを開設。
・中国・上海にテクニカルセンターを開設。
・オイルミスト分離機能と圧力調整希望を内蔵した樹脂ヘッドカバーを量産。
・中国でMAHLE Trading (Shanghai)社と日本でマーレトレーディングジャパン株式会社を設立。
・ ターボチャージャーの開発に着手。
2007年 ・中国湖北省麻城にマーレが過半数出資する合弁企業MAHLE Tri-Ring Valve Train (Hubei)社を設立。
・アルゼンチンでEdival社を買収(現MAHLE Argentina社)。
・DLCピストンピンを開発。
・米国Dana社のエンジン部品事業を買収(現MAHLE Engine Components USA社)。
・メキシコでPromotora de Industrias Mecánicas社を買収(現MAHLE Componentes de Motor de México社の傘下)。
・商用車向けMonoXcomp®ピストン及び商用車向けEVOTEC®ピストンを開発。
・ ウォーターセパレータ内蔵のディーゼルフューエルフィルタを開発。
・ドイツのSiemens VDO Automotive社からエアインテークモジュールとエアフィルトレーション事業を買収(現MAHLE Filter Systems Canada社)。
・インドに合弁企業MAHLE Idia Pistons社を設立。
・排気量1.2L、3気筒のダウンサイジングエンジンを開発(デモ用)。
・電子制御EGRバルブを開発。
2008年 ・ブラジル・ジュンディアイ(サンパウロ近郊)にテクニカルセンターを開設。
・トルコのMopisan社を買収(現MAHLE Izmir社及びMAHLE Konya社)。
・ターボチャージャーの開発。生産を進めるためにボッシュと折半出資合弁企業Bosch Mahle Turbo Systems社を設立。
・ブラジルに過半数出資の合弁企業MAHLE Hirschvogel Forjas社を設立。
・メキシコのClemex de México社を買収(現MAHLE Componentes de Motor de México社の傘下)。
・電子制御EGRバルブの導入。
・ドイツ・シュツットガルトにグループの展示館「MAHLE INSIDE」をオープン。
2009年 ・電動式ウェイストゲートアクチュエータの量産。
・ガソリンエンジン用ローフリクションカムシャフト(LFC)の試作品が完成。
・ディーゼルエンジン用の高速切り替え式電子制御EGRバルブの試作品が完成。
・オーストリア・マティッヒホーフェンのKTM-Kühler社の自動車関連事業を買収(現MAHLE Filtersysteme Austria社)。

History2010—2017

alt

Shaping the future

MAHLE uses the time to further improve its strategic position and to prepare for the future. With the aquisitionof Behr in 2013 around 17,000 new employees at 38 production locations and three major research and development centers worldwide join the MAHLE family.
2010年 ・Behrグループの工業事業部門に過半数出資(現MAHLE Industrial Thermal Systems社)。
・Behr社と資本提携協定に調印。
・商用車 / 産業機材 / 発電機材用樹脂ハウジングオイルフィルタのモジュールを開発。
・サーマルマネージメント機能を統合した樹脂ハウジングオイルフィルタモジュールの量産。
・乗用車向けTopWeld®スチールピストンを開発。
2011年 ・Behrグループに対する持株比率を19.9%から36.85%に増加。
・トルコのエンジン部品メーカー、MAHLE Mopisan社の残存株式を買収(現MAHLE Izmir社及びMAHLE Konya社)。
・バラスト水処理装置「Ocean Protective System:OPS」ドイツBSH認証取得。初の大量受注。
・インド・チュンナイにフィルタ工場を新設(現MAHLE Filter Systems (India)社)。
・水冷インタークーラ内蔵(i2CAC)のエアインテークモジュールを開発。
2012年 ・ドイツのInnoWa Membrane社を買収(現MAHLE InnoWa社)。
・マーレジャパン株式会社が移転。
・スタッガーブレード向流式インタークーラーを初受注。
・九州にフィルタ工場を新設。
・中国・上海のテクニカルセンターを拡張。
・RTI Technologies社(本社:米国・ペンシルバニア州ヨーク市)を買収(現MAHLE Aftermarket Inc., Service Solutions社)。
・日本の国産電機株式会社の株式約30%を取得。
2013年 ・米国・デトロイト近郊のファーミングトンヒルズに北米本社を開設。
・新しい冷却コンセプトの試作品を受注。
・EvoTherm®軽量化中空バルブ及びTopTherm®軽量化中空バルブお開発。
・中国・武漢にフィルタ工場を新設。
・EVOTEC®SCピストンを開発。
・Behrグループに対する持株比率を51%に増加。MAHLE Behrがビジネスユニット「サーマルマネージメント事業」を新設。
・ドイツ・ショルンドルフの「アフターマーケット事業」用物流センターを拡大。
・ドイツ・テューリンゲンのブラッテンドルフにポンプ用コンピタンスセンターを開設。
・インド・チュンナイのピストン合弁企業MAHLE India Pistons (MAHLE IPL)社を完全子会社化。
2014年 ・ブラジル・リメイラに大規模物流センターを開設。
・ロシア・オブニンスクに販売物流センターを新設。
・Bosch Mahle Turbo Systems社が中国に子会社を設立。
・中国・武漢にMAHLE Behrと上海三電貝洱汽車期間機関車空調有限公司の合弁企業Shanghai Behr Thermal Systemsさ社の工場を新設。
・Letrikaの過半数株式を取得。
・中国・上海のテクニカルセンターの第3次拡張を実施。
・中国・瀋陽市にビジネスユニット「サーマルマネージメント事業」の工場を新設。
・インドネシア・チカランにフィルタ工場を開設。
2015年 ・ドイツのAmovis社を買収。
・世界初乗用車用スチールピストンの生産の自動化。
・メキシコ・ラモスアリズペに工場を増設及びセラヤに工場を新設。
・中国・成都市に工場を新設。
・国産電機株式会社の過半数株式を取得(現、マーレエレクトリックドライブズジャパン株式会社)。ディビジョン「メカトロニクス」の部門を発足。
・アフターマーケット用TechPro®を開発・販売。。
・Delphi のサーマル事業を獲得。
・CNG及びダウンサイジング技術によるCO2排出量を31%低減できるデモエンジンを開発。
・マーレ財団50周年。
・マネージメントボードの人事異動。
2016 MAHLE merges the product divisions of Electric Drives and Applications as well as Actuators into the Mechatronics division
Lauch of Global Purchasing Excellence Program
Expansion of the cooperation with Scuderia Ferrari
Start of the ACTIVATR innovation program
Ten years of MAHLE Technologies Holding China
„Ignition Day“ on the topic of Industrie 4.0
World’s first controllable pendulum- slider oil pump for commercial vehicles
MAHLE opens Vehicle Engineering Centre in Northampton/Great Britain
MAHLE signs the Diversity Charta
World premiere of CareMetix® cabin air filter
MAHLE Powertrain opens a new testing center in Plymouth, Michigan/USA
With over EUR 12 billion, MAHLE achieves the highest sales in the history of the company
2017 Acquisition of O-Flexx Technologies GmbH
Acquisition of the Spanish electronics specialist Nagares SA
Opening of new climate compressor plant in Changshu
World debut 48-volt vehicle concept MEET at IAA Cars 2017 in Frankfurt/Germany
Pedelec components and drive in series production
Minority participation in diagnostics specialist Brain Bee AG
Locations in Stuttgart receive seal of approval for their family-friendly personnel policy
Collaboration with Faurecia on technologies for thermal management of the Cockpit of the Future
TOP 500 Award for sustainable growth