Dr. ヨルク・ストラトマン

1969年6月2日にドイツ・ヴェストファーレン州ミュンスターに誕生。

1989-1995年ドイツ・ベルリン工科大学でインダストリアル・エンジニアリング(Dipl-Ing.)を卒業。
1995-2000年Siemens AG(ドイツ・レーゲンスブルク)に在籍。
2000年経済学博士号を修得。
2000-2008年Siemens VDO Automotiveに在籍、以下を歴任:
  • ガソリンDI部門、インジェクタバルブ開発責任者(イタリア・ピサ)
  • ルーマニア子会社(ティミソアラ)のCEO兼取締役
  • ガソリンエンジン用ECU事業責任者(ドイツ・レーゲンスブルク。2007年12月以降Continental AGの子会社)
2008年Conti Automotive GmbHエンジンシステムズ事業部商用車顧客グループの責任者に就任。
2008-2009年マーレ「マネージメントコミティ」のメンバー。
「リキッドマネージメントシステム」プロダクトライン責任者。
2009-2013年マーレ「マネージメントコミティ」のメンバー。
営業(OE向け)統括責任者に就任。
2013年2月ベーアグループ(ドイツ・シュツットガルト)マネージメントボードのメンバーに就任、営業・カスタマーセンターを担当。
2013年7月~ベーアグループマネージメントボード会長に就任。
2014年1月~マーレグループマネージメントボードのメンバー。