ウィルヘルム・エンパーホフ

マネージメントボードメンバー

Wilhelm Emperhoff
ウィルヘルム・エンパーホフ
1961年10月26日ドイツ・レーゲンスブルク生まれ。
1987年 ドイツ Regensburg University of Applied Sciences 卒(電子工学専攻)。
1987年—1988年 兵役。
1989年—2007年 Siemens Automotive に勤務(主な職務は下記の通り):
  • 品質部「メソッド&ツール」担当(ヘッド)、ドイツ・レーゲンスブルク。
  • 品質管理担当ディレクター、フランス・トゥールーズ。
  • アクティブスピードセンサー事業担当ディレクター、フランス・トゥールーズ。
  • スマートセンサー事業担当バイスプレジデント、ドイツ・レーゲンスブルグ。
  • センサー事業担当エグゼキュティブ・バイスプレジデント、ドイツ・レーゲンスブルグ。
2007年—2009年 Continental AG(ドイツ・レーゲンスブルグ)、ガソリンシステム事業担当エグゼキュティブ・バイスプレジデント。
2009年—2012年 Behr-Hella Thermocontrol GmbH(ドイツ・リップシュタット) CEO。
2012年10月~ マーレグループ、マネージメントボードメンバー就任(現在に至る)。