テクニカルセンター | サンパウロ

所在地:ブラジル:サンパウロ州ジュンディアイ

ブラジル・サンパウロ州ジュンディアイ・テクニカルセンター

マーレでもトップレベルの規模を誇るのが、このジュンディアイ・テクニカルセンターです。1978年、サンパウロのサントアマーロ地区で活動を開始した当時から、このセンターの製品は全世界へ向けて発送されてきました。テクニカルセンターとしての機能が現在のジュンディアイに移されたのは2008年。サンパウロ市から50 kmほどのこの地も、大都市とその周辺地域で操業する自動車メーカーの生産拠点への地理的利便に変わりがありません。

ブラジルでは自動車燃料の半分以上がサトウキビから造る合成燃料で賄われており、フレックス燃料車が標準仕様として提供されています。そうした特異な環境にあるため、ジュンディアイ・テクニカルセンターは、代替燃料とフレックス燃料エンジンを最重要テーマとして開発を進めています。

2013年には、南米のサーマルマネージメント事業が必要とするテスト機材、開発機材のすべてを集結する大規模拡張工事が行われています。