マーレの電気自動車向けの急速充電ソリューション … IAAミュンヘンモーターショーより

ドイツ・シュトゥットガルト 2021年9月8日

  • マーレグループの一員であるchargeBIG*はより進化した急速充電ソリューションを発表しました。
  • 電力負荷と料金の管理により、デマンドベースの充電が可能になります。
  • マーレはミュンヘンモーターショー(IAA Mobility)でe-モビリティ領域において幅広く新技術を紹介しています。

ミュンヘンモーターショー(IAAMobility、一般公開2021年9月7~12日)はドイツ自動車工業会(VDA)が主催し、2年に1度ドイツで開かれるモーターショーです。ミュンヘン市内に特設された「オープンスペース」と「エキシビションサミット(展示会場)」という二つの会場で開催されています。

マーレグループはミュンヘンモーターショーに出展し、電気自動車向けのインテリジェントな充電機能を拡張すると発表しました。マーレグループは、chargeBIG 充電管理システムを独自開発し、その充電管理システムを適用したchargeBIG充電ポイントをこれまでにおよそ1,000箇所の長期利用駐車区域に設置してきました。今回発表した最大750kW出力の高速充電ソリューションも、これまでのソリューションで実績のあるchargeBIG充電管理システムに基づいて構築されています。このchargeBIG充電管理システムは既存のインフラに統合して構築することが容易であり、投資削減と急速充電システムの構築を両立することが可能です。特に、現在限られたソリューションが提供されている長距離移動時の急速充電のオプションの一つとして、本ソリューションの活用が期待されます。ChargeBIG充電管理システムは電力ネットワークの負荷をインテリジェントに制御し多数の電気自動車の同時充電を可能にします。さらに、支払い料金を設定することで、ユーザーは自身の所有する電気自動車や旅行プランに合った充電容量を選ぶことができます。また、充電ポイントでの操作は非常に簡単です。

急速充電システムは電気自動車のシェアを拡大します。chargeBIGの範囲の拡大に伴いマーレはサステイナブルなモビリティへの変革を加速するというコミットメントを強調しています。マーレは今後、電気モーター、燃料電池、非化石燃料によるインテリジェント燃焼エンジンでのサステイナブルなモビリティに対応します。

9月9日の世界電気自動車の日(世界EVの日)にはマーレのe-モビリティ活動をあらゆる面で体験できます。マーレグループはミュンヘンモーターショーでバッテリーシステムを介した充電テクノロジーから電気モーターまで幅広いe-モビリティイノベーションを紹介しています。マーレグループはオープンスペース(ケーニヒスプラッツ)とモビリティサミット(展示会場)に出展しています。

*ChargeBIG :マーレグループの社内スタートアップ組織。中央管理型充電システム 「chargeBIG」などインフラ事業を開発しています。詳細はhttps://chargebig.com/をご覧ください。

Contacts in MAHLE Corporate Communications:

Christopher Rimmele
Product, Technology, and Aftermarket Communications Spokesman
Phone: +49 711 501-12374
E-mail: christopher.rimmele@mahle.com

Margarete Dinger
Spokesperson Corporate Communications
Phone: +49 711 501-12369
Fax: +49 711 501-13700
E-mail: margarete.dinger@mahle.com

お問合せ先(報道・メディア):
マーレジャパン 広報担当者(仮)
坂野 慎哉 / 牧田 さやか
Tel: 050-3363-0302
E-mail:info.jp@mahle.com

 

img

ChargeBIG Powerは電力網に優しい高速充電を実現します。

Download [JPG; 4862 KB]