国産電機社名変更のお知らせ

2016年1月、東京:2015年7月にマーレが株式の約90%を保有することでグループの一員として迎え入れた傘下に入った国産電機株式会社が、2016年1月1日付で社名をマーレエレクトリックドライブズジャパン株式会社に変更します。

国産電機は1931年に日本で創業され、現在では従業員800人以上、2014年度の売上高は約1億3000万ユーロの規模。国内では静岡県沼津市及び御殿場市、秋田県五城目町、海外ではタイ国サムットプラカーン県に拠点があり、中国やインドでも資本参加しています合弁会社に事業を展開。2013年、マーレは国産電機に30.82%の割合で資本参加し、2014年初頭には38.87%に引きあげました。昨年7月にグループの一員となった国産電機は、グループ内のプロフィットセンター「電子ドライブズ&アプリケーション2」として推進し始めました。事業の更なる強化を目指し、今後、国産電機は社名をマーレエレクトリックドライブズジャパン株式会社に変えます。、プロフィットセンター「電子ドライブ&アプリケーション2」として、マーレグループで事業を推進します。

マーレグループ
自動車およびエンジン業界のグローバルな開発パートナーとして世界をリードするマーレは、エンジンシステムズ、フィルター、電装/メカトロニクス、サーマルマネージメントの事業分野で独自のシステムコンポーネンツを提供しています。乗用車や商用車、工作機械や他の産業用機械のための、革新的なソリューションを用いたOEM製品です。アフターマーケット事業では、OEM製品と同等品質の補修部品を提供しています。

マーレは世界の主要市場すべてに活動拠点を設けています。2014年現在、約150の製造・営業拠点におよそ66,000人の従業員を有し、売上高は100億ユーロ弱にのぼる規模です。ドイツ、英国、米国、ブラジル、日本、中国、インドの10カ所で稼働する主要テクニカルセンターでは、5,000人弱の開発エンジニアと技術専門家が、未来を見据えたコンセプト、製品やシステムの研究開発に取り組んでいます。

自動車やエンジン業界のリーディンググローバルOEMサプラヤーとして、マーレは内燃機関及びエンジン周辺、EV用のパワートレイン、フィルター、熱管理、エアコンにおける重要な技術(部品・モジュール)を提供しています。現在、全世界で生産されている車両の2台に1台はマーレの部品が搭載されています。また、モータースポーツ業界でも、長年の実績を誇っています。更に、産業用エンジン、鉄道、船舶、航空宇宙等、自動車業界以外の多岐にわたる分野にも部品・モジュールを提供しています。

2014年度、グループの売上高は99.4億ユーロに、従業員数は約66,000名に達しました。現在、世界30ヶ国以上170ヶ所の生産・営業ネットワークを有し、グループの基盤をさらに強化しています。また、ドイツ、英国、ルクセンブルグ、スロベニア、米国、ブラジル、日本、中国、インドで展開しているテクニカルセンター16ヶ所で5,000人以上のエンジニア・技術者が革新的なソリューションのために日々精進しています。

お問い合わせ先:
〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-9-12
マーレジャパン株式会社
広報担当 Judy Ann Go
Tel: 03-6735-8413
judy-ann.go@jp.mahle.com