コンプレッサ

マーレのCVC(Compact Variable Compressor)は、斜板の単振動機構に基づく次世代コンプレッサです。可変容量ピストン式コンプレッサ技術を採用。高機能の機構設計により、CVCは空圧制御と電子制御の両方に対応しています。

マーレのCVCは、広範囲な車種に対応するように設計されています。現時点では、排気量100cc~185ccに対応しているほか、特定用途向けのCVCを設計・開発することも可能です。マーレのCVCは、温度式膨張弁システムとオリフィス管システムの両方に対応可能です。