エバポレータ

HVACモジュールに内蔵されたエバポレータの役割は、車内を急速に冷却することです。コンデンサから供給された冷媒は、エバポレータ出口で膨張された後、室温以下に冷却されます。液体の冷媒が気化する際に、コンポーネントを冷却する効果があります。その結果、車内エアの熱と水分が除去されます。マーレのフラットチューブ式エバポレータは、省スペース・軽量設計でありながら、高性能を実現しています。特許取得の特殊なコーティング技術「BehrOxal®」によりアルミ表面の親水性を高め、撥水性を向上させることで、エバポレータによる乾燥時間の短縮化を実現しています。さらに、耐腐食性の向上や不快臭の低減効果もあります。