エアインテークマネージメント

燃焼室に吸入される外気は、まずエンジン室でその汚れを除去します。この清浄化プロセスには、高い効率性が求められます。

マーレは、エアダクトからエアフィルタ、インテークマニフォールド用電制アクチュエータ内蔵エアインテークモジュール、さらにレゾネータ、サウンドジェネレータまで、エアインテークマネージメントに必要な全ての部品を提供します。

マーレが提供するエアインテークシステムは、吸入された外気の水分やダストを分離する一次フィルタから、エアフィルタモジュール、メインフィルタエレメント、ターボチャージャとのインターフェースを確保するセーフティインサートに至るまで、必要な機能をすべて網羅しています。モジュールの開発から生産までのプロセスをすべて内製化することで、お客様のご要望に迅速かつ的確に対応する体制を構築しています。

商用車用エアフィルタの開発では、取付スペースの厳しい制約をクリアすることが大きな課題の一つです。マーレのエアフィルタモジュールは、取付スペース、重量、他システムとのインターフェースなど、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ対応が可能です。また、エアフィルタモジュールは、保守期間の延長に配慮した設計となっています。フィルタシステムの保守状況は、メカニカルセンサーや電気センサーからの情報をディスプレイ上に表示することで、確認作業を容易化しています。フィルタ交換も簡単で、工具も不要です。
マーレは環境保全の分野でも積極的な取り組みを進めています。エアフィルタモジュールは、設計段階で金属部品を排除することで、使用済みフィルタの廃棄作業を容易にしています。

マーレのプラスチック製シリンダヘッドカバーは、お客様の要望に応じ、吸気システムの一部としての納入、またはカバー単体での納入が可能です。マーレのシリンダヘッドカバーは、高い耐久性と軽量性はもちろんのこと、遮音性・気密性にも優れ、車両やエンジンメーカーが求めるデザインコンセプトを尊重した設計を追求しています。また、商用車向けの最新シリンダヘッドカバーは、さらなる進化を遂げています。オイルミストセパレータなどの機能部品を一体化し、デザインの一貫性を高めることに成功しています。気筒数による影響を排除し、よりコスト効率の高い製品として提供させて頂きます。

クランクケースから排出されるオイルミストで汚れたガスを清浄化するのが「クランクケース・ベンチレーション・システム」です。内蔵されたオイルミストセパレータは、汚れたガスと油分を分離します。分離された油分はオイル回路へ、清浄化された空気は吸気システムへそれぞれ戻されます。エンジンによって異なるオイル量や流量に関わらず、油分を確実に分離する機能がオイルセパレータに求められています。