排気ガス再循環(EGR)

ディーゼルエンジンから排出されるNOxガスをはじめ、大気汚染物質の削減はエンジン開発における非常に重要な課題の一つです。排気ガス再循環システム(EGR)など、エンジン内部に採用される排ガス対策では、燃焼工程で発生する排気ガスの削減を図ります。

窒素酸化物(NOx)の新排出基準をクリアする一つの方法として、冷却式排ガス再循環装置(クールドEGR)を導入する方法があります。クールドEGRでは、エンジン出口とタービン間の排気流の一部を取り込み、専用の熱交換器で冷却した後、インタークーラ下流側の吸気に戻します。その結果、エンジンの燃焼温度が低下するため、窒素酸化物(NOx)の生成が抑制されます。マーレのEGRクーラは、熱機械強度、煤付着防止など、非常に優れた性能を発揮します。高性能の小型ウィングレットチューブ の採用により、EGR温度の高安定化が実現した結果、排気再循環(EGR)の制御性が向上しています。