クーリングモジュール

クーリングモジュールは、エンジン冷却系部品と、空調回路のコンデンサから構成されています。主な構成要素は、ラジエータとインタークーラです。水冷インタークーラの場合は、コンデンサとラジエータ間にある低温ラジエータがインタークーラの機能を代行します。各部品を最適化し、効率性を最大限に高めています。各車両の設計コンセプトに合わせたクーリングモジュール仕様を実現することで、開発・製造・物流コストの削減に貢献します。