スチールピストン

スチールピストンは、商用車への採用後、ここ数年で確かな実績を残しています。その背景には、排ガス規制への対応があります。自動車業界には、可能な限りエンジン対策により、各規制レベルをクリアすると同時に、エンジンの高性能化を図りたいというニーズがあります。その結果、シリンダ内ピーク圧力は220barを超え、ピストンにも高い強度が求められるようになっています。これまでマーレは、こうした高負荷環境に対応した4種類のスチールピストンを開発しています。最新のスチールピストンでは、摩擦圧接技術MonoWeld®を採用しています。マーレは、独自開発のビーム溶接技術など、新しい製造技術の開発に向けた取り組みを積極的に進めています。製造自由度が向上すれば、ピストンの圧縮高さをさらに低減することが可能となります。