バルブ、バルブシートインサート、バルブガイド

バルブ、バルブガイド、バルブシートインサートの三者が一体となってバルブトレインと燃焼室の気密性を保ちます。実際には、バルブとバルブシートインサートが気密性を確保する働きをし、バルブガイドはバルブを支え、その運動を支持する役割を担います。

マーレが提供する吸排気バルブは、鍛造や熱間押出プロセスのほか、様々な排気量のガソリンエンジンとディーゼルエンジンに適した幅広い素材を使用した製造に対応しています。負荷レベルに応じ、バルブとバルブシートの接触面の強化や、硬化処理、窒化処理、クロムめっきなどの各種加工を行うことも可能です。製品開発では、バルブの耐腐食性と高温耐疲労性に特に重点を置いています。商用車エンジン向け排気バルブには、最大動作温度800℃でバルブ開閉動作10億回以上の耐久性が求められます。

この他、製品ラインナップには、バルブステムシール、バルブスプリング、バルブスプリング上下リテーナーなどもあります。