二輪など小型エンジン向け

点火装置内蔵型フライホイール&イグニションコイル

マーレは、電子制御式点火システム向けに、「磁石内蔵型フライホイール」と「電子点火装置内蔵型イグニションコイル」を提供しています。エンジンが始動するとフライホイールが回転し、内蔵の磁石により発電します。この電流を利用し、シリンダ内の可燃混合気を点火します。この一連点火プロセスを制御するのが、電子制御システムを内蔵したイグニションコイルです。マーレは「高電圧キャパシタ・ディスチャージ・イグニション(以下、CDI)」や「トランジスター・コントロールド・イグニション(以下、TCI)」向けのシステムも提供しています。CDI点火方式では、キャパシタに蓄電した電気をイグニションコイルに放電することで、高電圧を発生させます 。この高電圧を利用し、シリンダ内の混合気にスパークプラグで着火させます。TCI点火方式では、イグニションコイル内を流れる定常電流を利用します。この電流を遮断すると、イグニションコイル内に高電圧が誘起されます。この電圧がスパークプラグ内で火花放電し、混合気に点火するという仕組みです。

マーレの点火装置は、いずれも堅牢性に優れ、過酷な環境にも耐える設計になっています。二輪以外に携帯式の動力機器や、オフロードバイクなどに最適な製品です。

フューエルインジェクションシステム

マーレの「フューエルインジェクションシステム」は、エンジンの動作/負荷状況に合わせ、最適な燃料量を最適なタイミングで噴霧します。エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出し、排気ガスの削減、燃費の改善に貢献します。マーレのシステムは、ECU、センサ、フューエルポンプ、インジェクタ、そしてスロットルバルブから構成されています。従来のバッテリータイプの他、バッテリーを必要としないバッテリーレスタイプのいずれにも対応可能です。

ACジェネレータ&電圧レギュレータ

マーレの永久磁石式ACジェネレータは、内燃エンジンのクランクシャフトに直接取り付けるタイプです。発電した電気は、バッテリーの充電や、ECUの電源として使用されます。オルタネータ外周部のリングギアの動作をセンサが監視。オルタネータの回転速度を検出し、信号化して点火制御装置に送ります。送られた信号をもとに、電子回路がエンジンスピードを算出します。ACジェネレータ(いわゆる、オルタネータ、ACG)のロータ慣性モーメントには、エンジンスピードを一定化する効果があるため、エンジンのよりスムーズな動作を実現することが可能です。マーレの電圧レギュレータは、オルタネータが発電した交流電流を直流に変換すると同時に、バッテリチャージ電圧を一定に保ちます。

マーレのオルタネータは、これまでそれぞれ独立したエンジン部品が行ってきた機能を統合し、システムの複雑性の軽減、軽量化に貢献します。