Electric actuators

With its comprehensive portfolio in the area of electric actuators, MAHLE has been present on the market in countless series production applications for many years.

Electric wastegate actuator

マーレの電子制御ウェイストゲートアクチュエータは、特にダウンサイジングエンジンに有効で、ターボチャージャとエンジンの相互連動を最適な状態に制御します。この革新的技術により、ターボチャージャのレスポンスは高速化され、ブースト圧を高精度で制御することが可能となりました。電子制御アクチュエータを採用することで、正圧・負圧に関係なく、ウェイストゲートバルブを最適開度に瞬時に調整することが可能になりました。高いクランプ力で排ガス漏れを最小限に抑え、ブースト圧を短時間で必要値まで高めます。結果として、スムーズなエンジン応答性が実現。他のメリットとしては、ウェイストゲートバルブの完全開口が可能になったことです。これにより、触媒コンバータの作動が迅速化し、排気ガス削減、燃費向上にも効果を発揮します。

マーレは2009年に、ウェイストゲートアクチュエータの量産を開始しました。また2013年には、最新式ウェイストゲートアクチュエータを発表。こちらも既に量産化されています。

Turbocharger with variable turbine geometry (VTG)

MAHLE electric actuators for turbochargers with variable turbine geometry (VTG) optimally adjust the incident flow from the turbine for current operating conditions, ensuring high performance, low emissions, and low fuel consumption.

MAHLE has specifically designed these electric actuators to meet the requirements of modern combustion engines: The models for VTG applications are therefore extremely compact and lightweight, weighing in at less than 250 g. They also allow for maximum flexibility in vehicle applications thanks to a generous adjustment angle of up to 130° and an application temperature range of −40°C to +160°C as standard.

The actuators are dust-proof and protected against water ingress during high pressure or vapor cleaning of the engine compartment, for example. The actuator is driven by a DC motor with a three-stage transmission. Position feedback is provided via a contactless Hall sensor system with digital or analog output and control via the engine ECU.

Actuators for variable turbine geometry (VTG)
Actuators for variable turbine geometry (VTG)