鍛造ピストン

先進技術が常に求められるモータースポーツの世界。そこで培われた技術により開発された鍛造ピストンが現在、量産エンジンに採用されています。鋳造ピストンと同じ合金を使用しながら、その構造をミクロ単位までより精密に仕上げたのが鍛造ピストンです。その結果、ピストン強度が飛躍的に向上し、モータースポーツで求められる高負荷環境や、高出力エンジンにも対応する耐久性能を実現しました。既に130 kW/L以上の高出力スポーツカーには、鍛造ピストンが搭載されています。この他、鍛造ピストンには薄壁化の可能性も見込まれており、軽量化につながる技術としても期待が寄せられています。