最高の快適性と高い効率性の両立

近年、マーレは電気自動車のワイヤレス充電に関する研究開発活動を強化しています。

WiTricity(本社:米国)からライセンス供与を受けている磁界共鳴技術をベースに、具体的な製品化に向けた開発活動を進めています。マーレが有する電子コントロール機器や、ソフトウェア、サーマルマネージメントなどに関する技術力がここでも生かされます。モジュール設計を取り入れたコンパクトなシステムづくりに注力し、機能のアップグレードが顧客自身でも行えるような製品の開発を目指しています。

例えば、マーレのシステムは双方向方式です。駐車中の車両は電力を貯蔵するバッファーの役割も果たし、余剰電力は送電網に還元します。こうすることで、再生可能エネルギーから得られる電力を余す事なく活用することが出来るのです。 充電中に発生する排熱も、シートヒータに供給するなど最大限活用し、総合的な効率性の向上を目指します。WiTricity(本社:米国)からライセンスを取得した磁界共鳴技術のメリットは、これだけではありません。 現在、電動歯ブラシなどで実用化されているインダクティブ充電方式の場合、送電側と受電側の正確な位置合わせが必要ですが、マーレのシステムはこの点で非常に優れています。このメリットを十分に生かす製品づくりを進め、量産へ移行する予定です。