Responsibility for humanity and environment

Our locations around the world continuously strive to further reduce waste volumes and emissions as well as the consumption of energy and water.

We consider it to be our most important task to harmonize the future of humanity with technical progress.

私たちマーレは、人類の未来と技術の進歩の調和を保つことを最重要課題として自らに課し、1996年以降、ビジネスプロセスの一環として導入した環境マネージメントシステムを基盤に取り組みを続けています。職場の安全、保健衛生、そして環境保護を基軸とした環境目標を持ち、プラントやプロセスを計画する際にはその初期段階でリスクの分析を行い、環境目標の必要に合わせた効果的な予防処置を講じます。

従業員が実務のあらゆる局面で円滑かつ責任ある行動が取れるよう、情報共有も的確に行われており、さらなる改善のため、従業員から会社への提言も行われる組織になっています。マーレグループはこのマネージメントシステムをグローバルスタンダードとして共有し、計画から実行に至るすべての工程を品質目標に沿って実現する組織です。

MAHLE strives to make its products as energy- and resource-efficient as possible.

Environmentally sound product design is an important consideration when developing new products. These basic principles also apply to our operational processes, which are designed to conserve energy and resources, following the ISO standards 14001 and 50001, as well as OHSAS 18001. By taking appropriate measures, MAHLE also ensures that environmentally harmful events are avoided and limited in the case of damage. To this end, we invest in environmentally friendly, state-of-the-art technologies and actively support global climate protection efforts. Species conservation and diversity considerations are also taken into account in planning measures. Fulfilling the general obligation of due diligence in protected areas is second nature to MAHLE.

Die Welt, one of the most important daily newspapers in Germany, and Accenture, one of the world’s largest corporate consultancies, chose MAHLE as the winner of their prestigious TOP 500 Award for sustainable growth.

環境にやさしい自動車のために

革新的な技術によって燃料の消費量と排出ガスを減らし、膨大な数の自動車が使われている世界の環境保護を促進する - それがマーレの製品であり、私たちができる環境保護への最大の貢献です。また、ピストンをはじめとするエンジン部品の軽量化と摩擦低減によって、効率改善と排出ガス抑制を実現しています。

製品、化学物質、調合品のサプライヤーに関する情報(英語版):物質の禁止と申告