環境との調和を保つ - 未来に向けての私たちの責任

私たちマーレは、人類の未来と技術の進歩の調和を保つことを最重要課題として自らに課し、1996年以降、ビジネスプロセスの一環として導入した環境マネージメントシステムを基盤に取り組みを続けています。職場の安全、保健衛生、そして環境保護を基軸とした環境目標を持ち、プラントやプロセスを計画する際にはその初期段階でリスクの分析を行い、環境目標の必要に合わせた効果的な予防処置を講じます。

従業員が実務のあらゆる局面で円滑かつ責任ある行動が取れるよう、情報共有も的確に行われており、さらなる改善のため、従業員から会社への提言も行われる組織になっています。マーレグループはこのマネージメントシステムをグローバルスタンダードとして共有し、計画から実行に至るすべての工程を品質目標に沿って実現する組織です。

環境にやさしい自動車のために

革新的な技術によって燃料の消費量と排出ガスを減らし、膨大な数の自動車が使われている世界の環境保護を促進する - それがマーレの製品であり、私たちができる環境保護への最大の貢献です。また、ピストンをはじめとするエンジン部品の軽量化と摩擦低減によって、効率改善と排出ガス抑制を実現しています。

製品、化学物質、調合品のサプライヤーに関する情報(英語版): 物質の禁止と申告