シリンダーコンポーネンツ

現代のエンジンでは、シリンダー部品に対する要求がかつてないレベルまで高まっています。駆動温度や圧力の増加、レスポンススピードの短縮へ対応しながら、同時に排気ガスの抑制にも貢献しなければなりません。 こうした要求を満足するためには、これまでにない性能を実現する革新的技術や素材が必要なのです。

シリンダー部品ラインナップ

ベアリング

現在そして未来のCO2低減目標に対応していくためには、ベアリングの許容荷重を高め、耐摩耗性を向上させなければなりません。アイドリングストップ機能やハイブリッドシステムの登場で、内燃エンジンは頻繁に停止・再始動を繰り返すようになりました。特に再始動時に様々な摩擦にさらされるベアリングには、高負荷への耐性が求められています。

コンロッド

力と動きを伝達する役割を担うコンロッドは、様々な負荷に晒されているほか、エンジンの高性能化が進んだことで、コンロッドの動作環境は益々過酷なものになっています。その一方で、軽量化のニーズも高まっています。マーレが提供するコンロッドがこうした課題を解決します。最先端の高強度素材を採用し、現在の技術ニーズを超える性能を実現します。

シリンダーライナ

ピストンとピストンリングが繰り返す上下運動により、その摺動面には非常に高い機械的負荷がかかります。また、エンジンの高性能化による燃焼圧や動作速度の上昇も、シリンダーライナを取り巻く環境を非常に厳しいものにしています。摩耗を最小限に抑えるには、摺動面を滑らかで、潤滑油が十分に行き渡った状態に維持することが重要です。潤滑油の消費量や部品の摩耗量は、摺動面の材質や品質により影響を受けます。

ピストンピン

マーレのピストンピンは高品質・高精度を特長とし、幅広い用途に対応します。最先端の「マルチステーション・パーツ・フォーマー」で製造されるマーレのピストンピンは、革新的デザインや複雑形状にも対応し、高負荷環境でも優れた耐久性を実現します。コーティングにはPVDまたはDLC(ダイヤモンド状炭素)を採用。摩耗を低減し、耐摩擦性能を向上させています。

ピストンリング

エンジンの高性能化に伴い、動作温度や燃焼圧、回転速度は上昇の一途をたどり、それに伴いピストンリングにかかる負荷も増加しています。耐摩耗性、低摩擦性に加え、気密性や耐久性の向上が求められています。マーレは、新コーティング剤の開発とピストンリングの多様化に向けた取り組みを続け、各エンジンに最適なピストンリングやピストンリング・パックを提供します。 豊富な製品ラインナップで、様々なデザイン、形状、技術仕様に対応した圧力リング やオイルコントロールリングなども提供しています。