ドライブトレイン & 車両用技術

マーレが誇る高水準なシステム技術やノウハウを駆使し、車内温度の制御から駆動システム構成部品の温度管理に至るまで、電気自動車のニーズに応える包括的なサーマルマネージメントソリューションを開発しています。

カーボンニュートラルなパーソナルモビリティを長期的に普及させていくためには、e-モビリティが重要な役割を果たしていくことは間違いありません。この領域においても、マーレは技術革新の担い手であり続けることを目標に掲げます。電気自動車にとって、その性能や航続距離、耐久寿命の基盤となるのが高精度な熱流マネージメント技術です。

業界最高水準のパワーを実現した e-コンプレッサ

e-モビリティの普及を加速させる鍵となるのが「e-コンプレッサ」です。質量やパッケージングの大幅な縮小化で絶対的な優位性を確保しながら、車内やバッテリーそしてドライブトレインの冷却要求にも十分に応えます。過給能力を増大させるe-コンプレッサの採用で、電気自動車の普及に大きな弾みがつくはずです。 特徴であるモジュールコンセプトにより、様々な仕様の高電圧アーキテクチャに柔軟に対応します。 要求水準の高い自動車領域でe-モビリティの採用を加速させる製品です。

Video is loading
play

航続距離の延長を実現するマーレのサーマルマネージメント技術

マーレはバッテリー電源を活用した e-モビリティ普及に向けた基盤を整備しています。冬季の車内空調は、電動PTCヒータ素子が解決策となります。マーレの設計コンセプトのベースとなっているのは、電動モータやパワーエレクトロニクスからの廃熱利用です。これにより高いエネルギー効率性を実現し、バッテリー式電気自動車の航続距離の延長に貢献します。マーレが提供するヒートポンプは、バッテリーの航続距離を飛躍的に向上させることが可能です。外気温0℃で最大20%延長できることが実証されています。

Video is loading
play

急速充電を実現するマーレのバッテリーコンディショニング技術

e-モビリティに対する消費者の関心の一つは、バッテリーの急速充電性能です。充電時間の短縮には大電流を供給する必要があるため、バッテリーが異常発熱する可能性があります。高温によるバッテリーの損傷を防ぐためには、あらゆる冷却回路を利用しながら、外気温に左右されない「アクティブクーリング」機能が必要です。 マーレは急速充電を支援する高機能コンポーネントの供給を既に開始しています。

Video is loading
play