フュエルマネージメント

商用車のフュエルマネージメントでその核となるのは、ろ過と水分離機能です。グローバルなトレンドとしては、「ワールドエンジン」と呼ばれる世界共通のエンジンプラットフォームの確立に向かっています。しかし、これを実現するためには、いくつかの技術的な課題を克服する必要があります。世界の地域によって使用するバイオ燃料の配合が異なり、燃料の品質レベルにも差があるためです。この問題を解決するためには、様々な条件に対応する最適な燃料処理技術が求められていいます。

フュエルマネージメントシステム

燃料フィルタ

商用車用の燃料フィルタモジュールは、燃焼プロセスに必要なディーゼル燃料を効率的に濾過します。燃料フィルタモジュールには高分離性のフィルタ濾材を採用し、機能性を高めています。ディーゼルエンジン用の燃料フィルタモジュールについては、燃料の冷却・加熱機能のほか、燃料中の水分の分離など、より幅広い機能に対応しています。

水分離システム

厳格化する排ガス規制に対応するため、ディーゼルエンジンではコモンレール燃料噴射システムの採用が進んでいます。コモンレールシステムは、微粒子やディーゼル燃料内に残留する水分に極めて敏感な性質を持っています。エンジンの使用環境やバイオ燃料の混合割合は、国によって様々です。また、使用される燃料の品質が劣悪であることも想定しておかなければなりません。こうした様々な燃料条件に影響されることなく、確実に燃料内の不純物を分離する機能が必要です。

フュエルフィルタ内の水が一定量になると、排水する必要があります。排水はドレインプラグを使用して自動もしくは手動で行うことができます。自動排水の場合は、吸引側のプレフィルタで半自動で行うか、もしくはソレノイドバルブを利用して圧力側で全自動で行います。マーレの BlueDrain®システムは、HC吸着浄化触媒を採用しているため、水分は浄化後、そのまま車外へ排水可能です。

燃料システム用電制ヒータ

マーレの電制ヒータは、様々な個別要件に対応可能な設計で、コールドスタート時や低温環境時にその効果を発揮します。熱媒体への熱伝導時の圧力損失を抑え、耐久性に優れた設計を実現。エネルギー消費量を最小限に抑えながら最大600Wの優れたパフォーマンスを発揮します。ヒータの制御は、内蔵型電子コントローラ、もしくはエンジンマネージメントシステムにより行うことが可能です。 PTCヒータ素子には過熱防止機能を搭載し、最大限の安全性を確保しています。

水位センサ

フュエルフィルタモジュールの水位センサは、モジュール内に集められた液体量を検知します。マーレでは最新の技術を採用し、センサー素子は金属ではなく導電性プラスチックを 使用。これにより電気分解の発生を回避しています。動作電圧は9〜36Vと幅広い設定になっており、多彩なアプリケーションへの対応が可能です。

CleanLineプレフィルタ

モジュール設計を取り入れた新製品「CleanLineプレフィルタ」シリーズは、特に低品質燃料が使用される国を意識して開発されました。サイズを多彩に取り揃え、水分離機能については一層型もしくは多層型のいずれかをお選び頂けます。オプションとしてハンドポンプ、温度もしくは圧力センサ、水位センサを取り付けることも可能です。水分処理についてはマニュアル操作、もしくは自動排出のいずれかを同様にオプションでお選び頂けます。

Ion exchanger for fuel cells

MAHLE already supplies second-generation ion exchangers for fuel cell vehicles. Ion exchangers are used to lower the conductivity of the coolant in the fuel cell to the very low levels required. This is necessary to prevent damage to the fuel cell stack’s sensitive membrane due to minor short circuits caused by the conductive coolant.