エアコン(商用車)

すでにかなりの高水準にある車内空調技術による快適性は、将来へ向けてさらに改善されようとしています。カーエアコンは快適なドライブを約束するだけではなく、安全面でも重要な役割を担っています。快適な環境をつくり出すことでドライバーの集中力を保つとともに、キャビンの湿度を下げ、ウィンドウの曇りを防いで視界を確保します。マーレは、サブコンパクトクラスからプレミアムクラスの乗用車、さらには商用車用を含むあらゆる市場セグメント向けのHVACシステムを開発し、提供しています。その開発は、システムのさらなる効率化を目指し、最適化した熱交換器や電動コンポーネントを採り入れながら日々重ねられています。もう一つ、軽量化も新システム開発の重要な目標になっています。電気自動車のバッテリ冷却システム、あるいはエンジン冷却システムとの組み合わせ、例えば低温回路と水冷式コンデンサの統合によって、一段と複雑高度なシステムが実現できます。その完成度をネットワーク化された検証ツールを使って高めていくのです。