エアマネージメント(商用車)

Air management in vehicles starts with the air section, from the unfiltered air intake through filtration to induction by the intake module to the combustion chambers. It continues with the turbocharging system, with an exhaust gas turbocharger and charge air cooling, as well as controls and temperature management for exhaust gas recirculation.

Systems for air management

オイルミストセパレータ

クランクケースから排出されるオイルミストで汚れたガスを清浄化するのが「クランクケース・ベンチレーション・システム」です。内蔵されたオイルミストセパレータは、汚れたガスと油分を分離します。分離された油分はオイル回路へ、清浄化された空気は吸気システムへそれぞれ戻されます。エンジンによって異なるオイル量や流量に関わらず、油分を確実に分離する機能がオイルセパレータに求められています。

エアインテークシステム

マーレが提供するエアインテークシステムは、吸入された外気の水分やダストを分離する一次フィルタから、エアフィルタモジュール、メインフィルタエレメント、ターボチャージャとのインターフェースを確保するセーフティインサートに至るまで、必要な機能をすべて網羅しています。モジュールの開発から生産までのプロセスをすべて内製化することで、お客様のご要望に迅速かつ的確に対応する体制を構築しています。

エアフィルタモジュール

商用車用エアフィルタの開発では、取付スペースの厳しい制約をクリアすることが大きな課題の一つです。マーレのエアフィルタモジュールは、取付スペース、重量、他システムとのインターフェースなど、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ対応が可能です。また、エアフィルタモジュールは、保守期間の延長に配慮した設計となっています。フィルタシステムの保守状況は、メカニカルセンサーや電気センサーからの情報をディスプレイ上に表示することで、確認作業を容易化しています。フィルタ交換も簡単で、工具も不要です。
マーレは環境保全の分野でも積極的な取り組みを進めています。エアフィルタモジュールは、設計段階で金属部品を排除することで、使用済みフィルタの廃棄作業を容易にしています。

Electrical heaters for blow-by systems

マーレのブローバイ用ヒータは、アイシングを防止する目的でエア配管とブローバイ配管に使用されています。PTC技術を採用したマーレのヒータには、バーヒータ、差込式ヒータ(独立型)のほか、フィルタハウジング一体型ヒータなど、多彩なモジュールが揃っています。出力範囲は200~600 W、最大流量は200 L/hです。感温スイッチ、電子スイッチ、圧力と温度を利用した独立制御など、様々な制御機能を実現することが可能です。マーレのヒータは、最適化された加熱機能のほか、エンジン周辺部品との高い統合性を特長としています。

シリンダヘッドカバー

マーレのプラスチック製シリンダヘッドカバーは、お客様の要望に応じ、吸気システムの一部としての納入、またはカバー単体での納入が可能です。マーレのシリンダヘッドカバーは、高い耐久性と軽量性はもちろんのこと、遮音性・気密性にも優れ、車両やエンジンメーカーが求めるデザインコンセプトを尊重した設計を追求しています。また、商用車向けの最新シリンダヘッドカバーは、さらなる進化を遂げています。オイルミストセパレータなどの機能部品を一体化し、デザインの一貫性を高めることに成功しています。気筒数による影響を排除し、よりコスト効率の高い製品として提供させて頂きます。

Oil pans made of plastic

The plastic oil pan enables relevant weight savings, while integrating a broad range of functions. The material’s insulation properties make it possible to store heat, thereby reducing frictional losses during engine restarts. Realization time and economic efficiency are improved thanks to the newly developed tool and production concept.

Exhaust gas recirculation (EGR)

窒素酸化物(NOx)の新排出基準をクリアする一つの方法として、冷却式排ガス再循環装置(クールドEGR)を導入する方法があります。クールドEGRでは、エンジン出口とタービン間の排気流の一部を取り込み、専用の熱交換器で冷却した後、インタークーラ下流側の吸気に戻します。その結果、エンジンの燃焼温度が低下するため、窒素酸化物(NOx)の生成が抑制されます。マーレのEGRクーラは、熱機械強度、煤付着防止など、非常に優れた性能を発揮します。高性能の小型ウィングレットチューブ の採用により、EGR温度の高安定化が実現した結果、排気再循環(EGR)の制御性が向上しています。