エアマネージメント

車両のエアマネージメントは「エアセクション」から始まります。エアセクションでは、取り込んだエアを濾過し、エアインテークモジュールで燃焼室まで誘導します。次に「ターボ過給システム」へと続きます。ターボ過給システムは、ターボチャージャやインタークーラのほか、EGR用の制御装置、温度管理装置などから構成されています。

エアマネージメントシステム

オイルミストセパレータ

「クランクケース・ベンチレーション・システム」は、オイルミストで汚れたガスをクランクケースから確実に排出するシステムです。内蔵されたオイルミストセパレータがガスと油分を分離します。分離されたオイルはオイル回路へ、 清浄化された空気は吸気システムへそれぞれ戻されます。各エンジンの要件によって、エア流量やオイル量が異なります。そうした多様な条件に対応しながら油分を確実に分離する高い性能が、オイルミストセパレータには求められます。 それを達成できるのが「アクティブオイルミストセパレーション」です。エンジンの駆動条件に影響されることなく、高い分離性能を安定して発揮します。このソリューションの採用で、ガスをアクティブに管理するだけでなく、ベンチレーションシステムが高い信頼性を維持し、適切に動作していることを確認することも可能です。

エアインテークシステム

マーレが提供するエアインテークシステムは、吸入された外気から水分やダストを除去する一次分離のほか、メインフィルタエレメントを備えたエアフィルタモジュール、ターボチャージャとのインターフェースを確保するセーフティインサートに至るまで、必要な機能をすべて網羅しています。モジュールの開発から生産までのプロセスをすべて内製化することで、顧客の要望に迅速かつ的確に対応する体制を構築しています。

エアフィルタモジュール

商用車用エアフィルタの開発では、取付スペースの厳しい制約をクリアすることが大きな課題の一つです。マーレのエアフィルタモジュールは、取付スペースや重量、その他システムとのインターフェースなど、顧客ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。エアフィルタモジュール開発におけるもう一つの焦点は、保守頻度の低減です。フィルタシステムの保守状況は、機械式センサと電気式センサにより検出し、画面上に表示される設計となっています。顧客それぞれの仕様に合わせたソリューションだけでなく、顧客の要望に合わせてカスタマイズ可能なモジュールコンセプトも提供しています。

ブローバイガス電気ヒータ

ブローバイガス電気ヒータは、エアインテークモジュールとシリンダヘッドカバーとの間に設置してアイシングを防止します。PTC技術を採用したマーレのヒータは、出力範囲200〜600Wで、多彩なモジュールタイプをラインナップ。最適化された加熱機能のほか、モータ周辺機器との高い統合性が特長です。

シリンダヘッドカバー

マーレが提供するシリンダヘッドカバーは、熱可塑性プラスチックを採用し、性能や機能統合性、設計面において最高水準の要件を満たした製品です。高耐久性と軽量性を両立し、遮音性・気密性にも優れ、自動車メーカーやエンジンメーカーが求める高い設計条件に対応します。商用車向けの最新シリンダヘッドカバーは、さらなる進化を遂げています。オイルミストセパレータなどの機能部品を一体化しデザインの一貫性を高めることで、気筒数に影響されないコスト効率の高い製品に仕上がっています。

樹脂オイルパン

樹脂オイルパンを採用することで幅広い機能を統合しながら重量の低減が可能です。断熱性に優れた素材が熱を逃がさず、エンジン再始動時のフリクションロスを低減します。新たに開発されたツールと生産コンセプトにより、量産化までの期間短縮化やコスト効率化を実現しています。

排気ガス再循環装置(EGR)

窒素酸化物(NOx)の排出基準をクリアする一つの方法として、冷却式排ガス再循環装置(クールドEGR)を導入する方法があります。クールドEGRでは、エンジン排気出口とタービン間の排気流の一部を取り込み、専用の熱交換器で冷却した後、インタークーラ下流側の吸気に戻します。その結果、エンジンの燃焼温度が低下し、窒素酸化物(NOx)の生成が抑制されます。マーレのEGRクーラは、熱機械強度、煤付着防止など、非常に優れた性能を発揮します。高性能の小型ウィングレットチューブの採用によりEGR温度の高安定化が実現した結果、EGRの制御性が向上します。