重要の役割

MAHLEは1968年、イズミ工業株式会社(現社名、マーレエンジンコンポーネンツジャパン株式会社)との技術提携を手始めに、日本市場に参入しました。その後、さらなる基盤の強化を図るため積極的に投資を行ていました。

現在では、13ヶ所の生産・営業拠点と3ヶ所のテクニカルセンターに2,000人を超える従業員が従事し、日本のMAHLEはグループのグローバルネットワークにとって必要不可欠な基盤です。

 

グループ概要

マーレグループ概要 [PDF; 2378 KB]

  • 2020年6月1日現在