ネットワークを駆使した研究開発

私たちの研究開発チームは既存のエンジンの最適化と継続開発、そしてまったく新しいエンジン技術の開発を目指す数多くのプロジェクトに取り組んでいます。

エンジン試験と一連の耐久試験は、製品の品質を示すはっきりとした事実だけを追求するためのものです。エンジンの出力、燃費、トルク性能、排ガス特性全般を把握するために、最新の機能テストベンチ、エンジンの静的状態と過渡状態を調べるためのテストベンチ(クライメイトコントロール付き)、そしてシャシーダイナモメータが使われています。

マーレの風洞設備は、北極からサハラ砂漠、太陽が燦々と輝く晴天から厚い雲に覆われた曇天、あるいはそよ風から暴風まで、あらゆる条件の気候と気象をはっきりと区別しながら、また何度でも繰り返し創り出す性能を備えています。