最新鋭のドライブトレインで拡大する電動部品の多彩な役割

自動車向け電動補機の開発では、高い信頼性、快適性、安全性、エネルギー効率性、エコロジー性を実現することが求められます。

従来のドライブトレインをベースに電動化を図る場合、まず着手すべきは油圧式・空気圧式サブシステムを電動アクチュエータに代えることです。電動アクチュエータのメリットは迅速で正確なコントロール機能です。燃焼を改善させるなど、燃費や排気ガスの削減に貢献します。

電動化の次の段階として、マーレはエンジン周辺機器の「インテリジェント化」を提唱します。電動モータを採用することで、エンジン周辺機器はエンジンスピードや圧力に依存せず、独立した動作が可能になります。つまり、機器それぞれの機能ニーズだけに焦点を当てた、高精度な設計を実現する事が出来るのです。こうした機器は、内燃エンジンのアイドリングストップ機能には欠かせない存在でもあります。電源には回生ブレーキを採用することも可能です。

技術力の高さ、そして競争力に優れた製品群、それがグローバルプレーヤーであるマーレの特徴です。同時に、マーレは自動車業界の中でも最も要求が厳しいとされる電動モータの開発サプライヤーでもあります。最新技術を採用し、新たな素材や部品を市場に投入しながら、メカトロニクスシステムの設計改善に向けた弛まぬ努力を続けています。

マーレのメカトロニクス製品に関する詳細はこちら