要求を満たすだけでなく、さらに一歩高める努力

「高品質は最重要課題: 改善の余地は必ずある!」

創業者のエルンスト・マーレのこの言葉は、今日もなお、私たちの品質に対する信念として、社内に浸透しています。

お客様は、製造の確かな製品、使われる方の満足を満たす製品、そしてリコールを起こさない製品を必要としています。それが求められる品質であり、その必要に応えることがブランドの信用を支えます。世界に展開する企業活動の生命線と言える重要なエレメントだからこそ、私たちマーレは品質達成 のための計画と管理のためにグループ独自の基準を設け、品質管理をすべてのビジネスプロセスと一体化させているのです。

製品開発

製品の開発プロセスと量産化プロセスで品質目標を達成するための計画は、効率性を最大限に高めたものでなければなりません。すでにある基準があらゆる角度から繰り返しテストされ、より効率的な基準へと精錬されている理由もそこにあります。

生産

製品品質の良し悪しは不良品の発生率で決まります。そのため、マーレの生産プロセスは間断なく精密にモニターされ、同時にデータや情報の通信を最適化することに力が注がれています。

グローバルな問題解決プロセス

万一問題が発生した場合、原因の特定と是正、再発防止策の実行をすべてに優先して、迅速に進めなければなりません。品質管理システムの中核にはグループ全体が順守する標準プロセスがあり、お客様からのフィードバック はその標準プロセスに反映されます。それぞれの生産拠点が学んだ教訓を、プロセスの継続的な改善に反映する構造です。