Quality management at MAHLE

「高品質は最重要課題: 改善の余地は必ずある!」

「高品質は最重要課題: 改善の余地は必ずある!」

創業者のエルンスト・マーレのこの言葉は、今日もなお、私たちの品質に対する信念として、社内に浸透しています。

お客様は、製造の確かな製品、使われる方の満足を満たす製品、そしてリコールを起こさない製品を必要としています。それが求められる品質であり、その必要に応えることがブランドの信用を支えます。世界に展開する企業活動の生命線と言える重要なエレメントだからこそ、私たちマーレは品質達成 のための計画と管理のためにグループ独自の基準を設け、品質管理をすべてのビジネスプロセスと一体化させているのです。

The MAHLE Quality Improvement Program

Our aim is to supply our customers with “best-in-class” quality. For this reason, we launched the group-wide MAHLE Quality Improvement Program during the year under review. The program aims to further improve the traceability of causes of defects and thereby increase the effectiveness of both specific solutions and quality assurance overall. This also includes supplier quality.

> 70quality awards from customers in 2017

Zero-defect principle

Potential defect sources are already eliminated during product development.